米国ポテト産業

サステナビリティ(持続可能性)

米国のポテト生産者は、何世代にもわたる健全な収穫を実現するために、持続可能な栽培手法のみを用いています。土壌の管理は、堆肥の追加、輪作、被覆作物の栽培など、年間を通して行われます。それによって土壌の浸食を防ぎ、栄養分を自然に高めています。また、灌漑の継続的なモニタリングによって、水を節約し、蒸発を減少させるために、細心の注意を払っています。さらに、全地球測位システム(GPS)を活用した正確な農業技術により、農場でのエネルギーや水などの消費がいっそう削減されます。このほか、米国の生産者は、ポテトの健全性を保証するために、肥料と農薬を慎重に使用しています。

Sustainability Farmer

米国のポテト生産者は、高品質のポテトの生産だけでなく、環境整備と自然資源の保護にも努めています。米国ポテト産業は現在、以下のような環境スチュワードシップ活動を推進しています。

  • バイオティクス農業方式
  • コンパニオン作物の植え付け
  • 自然害虫駆除
  • 包括的な統合害虫管理戦略
  • 無耕農業
  • スローリリース/バイオロジカル肥料
  • 栄養循環
  • 独立機関による環境監査

米国ポテト産業における持続可能な栽培方法については、米国ポテト協会 海外代表事務所にお問い合わせください。