米国ポテト産業

栽培

米国のポテト生産者は、世界最高のポテトを米国で生産するため、豊富な経験と資源を活用しています。米国ポテトの生産手法は、多くの要素によって成り立っています。

  • 世界クラスのポテト育種プログラム
  • 土壌と作物の徹底管理
  • 高品質の認定種イモ
  • きめ細かい収穫・貯蔵技術
  • バラエティに富んだ品種
  • 正確な灌漑
  • 理想的な栽培環境
Growing Practices Tractor

世界に誇る品種開発プログラム

米国農務省の農業研究局は、著名な大学の研究者と協力し、国際的に知られるポテトの品種開発プログラムを実施しています。同プログラムでは、病気の低減のほか、高品質で栄養価に優れた優良品種の開発にも継続的に取り組んでいます。新しい品種の開発は、異なった種類のポテトの掛け合わせた結果です。

高品質の認定種イモ

全ての商業用米国産ポテトは、認定された種イモだけを用いて栽培されています。米国の種イモ認定は、全ての国内基準を満たしていることを米国農務省各局が認定する公式な手続きです。種イモ生産者は、以下の基準を満たすことを求められています。

  • 研究所や温室で、病原菌を排除する条件下で管理された優良株から種イモを生育させること。
  • 出発物質は全て組織培養研究所から供給され、一律に病気の検査を受けること。
  • 世代制限システムによって病気の蓄積を制限し、品種の純度を維持すること。このシステムの下で、米国の種地は栽培サイクルを5年以下に維持すること。
  • 種イモは、衛生、種の保存、及び複数の農地の検査、貯蔵庫の検査、収穫後の検査、出荷地における検査などに関する厳格な規制を満たすこと。

バラエティに富む選択肢

米国のポテト生産者は数百種に及ぶポテトを栽培し、生鮮ポテトから加工製品に至るまで幅広い用途に対応するよう、多種多様なポテトの開発に継続的に取り組んでいます。

理想的な生育環境

米国のポテト栽培地域は、肥沃な土壌とポテトの生育に適した理想的な気候に恵まれています。夏は好天が続き、夜は冷涼になる気候はポテト栽培に最適です。長く寒い冬は、害虫や病気を最低限に抑えます。こうした環境に恵まれていることから、米国のポテト生産者は、使用する殺虫剤と化学肥料を最小限に抑え、持続可能な農業を行っています。

土壌及び収穫のきめ細かい管理

米国の生産者は、土壌をきめ細かく管理しています。輪作を行っているため、同じ区画でポテトを作付けするのは、3年から5年にたった一度です。このようにして、より健全な作物と持続可能な農場を実現しています。生産者は、栽培の開始時期に認定農学者と協力して、土壌の栄養状態をモニタリングします。生産者は、全地球測位システム(GPS)を活用して、必要な場所に正確な量の肥料を投与し、肥料の過不足を防ぐことができます。ポテトの塊茎は土の中で育つため、生産者と農学者は、水分、堅さ、糖度の試験を行い、成長度をモニタリングしています。

精密な灌漑

最新の計測機器によって土壌に含まれる水分量と蒸発率を計測し、灌漑の必要量を正確に決定しています。灌漑システムには全地球測位システム(GPS)技術が採用されており、自動的に最適な水量が供給されます。こうした最新技術は天候の監視にも活用され、生産者は天候に適した灌漑を行うことができます。

慎重な収穫及び貯蔵技術

収穫の時期になると、ポテトが生理学的に十分成熟しているか、糖度が貯蔵や加工に適したレベルにあるかを徹底的に精査します。米国のポテト生産者は、収穫、出荷、輸送の過程におけるポテトへの損傷を防ぐため、最先端の専用機材を保有しています。収穫物は、米国農務機関によって検査後等級をつけられます。収穫後、ポテトは加工工場に直接運ばれるか、温度/湿度/空気循環が管理された施設で貯蔵されます。